トップ

健康と体脂肪の情報

新着情報

健康的な体脂肪率は?!

かなりやせている人間でも体脂肪が全くないと言う状態はありえませんし、ある程度体脂肪がないと健康的とは言えません。ただし体脂肪の量があまりにも多いと成人病などの病気を引き起こしやすくなるので注意が必要です。ご参考までに目安となる体脂肪率の基準をご紹介したいと思いますが、女性なら18歳から39歳までの年代で標準値が21から27、40代、50代では22から28は目安になり、60代以降は23から29の健康的な範囲からはみ出ないよう管理しましょう。男性は10代から30代が11から16、40代50代で12から17、60代以降は14から19が標準とされます。

シャツを着た外人女性

体脂肪率がなさすぎる場合

体重が重いと健康的でないようにも思いますが、そうではない場合があります。それは、体脂肪率が高くない場合です。スポーツを良くする人に見られる傾向で、体重の重さが脂肪ではなく筋肉に由来するものである場合です。ですから、体重ばかりを気にするのではなく、体脂肪率にも注目する必要があります。最近では、痩せ願望の女性が増えていることもあり、痩せすぎの危険性も指摘されています。もちろん、痩せすぎも健康とは言えません。初めはダイエットのつもりが拒食症にまで発展するケースもあるようです。拒食症になると、痩せていても自覚がなくなる場合が多いので周囲の協力も必要です。